地味庵備品その5

ライブを明後日に控えて、
どのギターを使おうかと思案を、、、、
ひっぱり出したギターは皆 弦が錆び錆。
久々に弦交換をいたしました。

たしか、1989年に購入したと思われる一本。
d0124199_2227520.jpg

FENDER JAPANのテレキャスターです。
当時の定価¥100,000円でした。
たしか15%OFF位で買ったと思います。
新品を買ったのは高校生の時のフォークギター以来!

世はバブルのおかげにドンチャンでしたが、
我が家は脱サラして店を開いた直後、
貧乏の王道を歩み出した頃、
ヤケクソの衝動買いであったのでした。
d0124199_2236128.jpg

このテレはちょっと変り種でして、
ブリッジはアコギの様なスタイルでして、
ピエゾマイクが仕込んであります。
弦はオリジナルテレの様に、
裏から通す様になってるのが泣かせます。

フロントにはシルバーレースセンサーで、
ピエゾとのブレンドが出来る様になっています。
その上GK-2Aを装着して、
ギターシンセも可能なのです。
スケールも独特で、
ギブソンとフェンダーの中間位になっています。

d0124199_22431092.jpg

裏面はセンターで合わせたマホガニーをくり抜き、
その上に4㍉厚程のソリッドスプルースを被せてあります。
Fホールを覗くとホロウボディが分かります。

軽くて色んな音が作れて、
弾きやすいギターなんですが、
今だに使いきれていない気がします。
それと、
電池を入れないと音が出ないのが、
唯一の気に入らない点です。

今回はこれで弾こうと思ってましたが、
やはり335にしようと決めました。
[PR]
by jimian | 2008-01-18 23:05 | ギター | Comments(8)
Commented by slowhand at 2008-01-18 23:47 x
私がギターを弾き始めた頃に気になっていた一本です、懐かしいですね。
Commented by Kenzo at 2008-01-19 09:30 x
いい面してますね。

仕様がなかなか凝っている?のかどうかよくわかりませんが、いろんな音が作れるというのが魅力なんでしょうね。

アコギ弾きには、どうも音を作ると言うことに抵抗感を否めません。

聴くのはロック大好き少年で育ってきたのに矛盾してますが・・・。
Commented by ウッディ安藤 at 2008-01-19 15:59 x
かっこいいギターですね~
サウンド・ホールがあるということは、
生音も出るんですか?

明日は聴きに伺います。
Commented by jimian at 2008-01-19 20:03
☆slowhandさん、
意外と遅咲きだったんですね。
今晩BS2でブラインドフェイスがありますね。

★ Kenzo さん、
私も本当はよく分かってません。
潔く一種類しか音が作れない様なギターが好きなんです。
とりあえず大きな音が出ればいいんです。

★ウッディ安藤さん、
生音は殆ど出ません。
トップが厚すぎますし、
ほとんどソリッドに近いです。

>明日は聴きに伺います。
有り難う御座います。
お待ちしております。
Commented by slowhand at 2008-01-19 22:03 x
チョ~遅咲きですね(笑
エッ!こんな映像有るの!!放送すること知りませんでした有難うございます、
ブラインドフェイスと言うことはあのストラトのネックをつけたテレキャスで
演奏するのでしょうか?

Commented by jimian at 2008-01-19 22:11
私も録画待機を忘れてました。
これからDVDをセットします。
どんな映像か楽しみですが、
観たことありそうですね。
Commented by GEN at 2008-01-24 18:37 x
あっ、このギターって我々が知り合って間もなくの頃のヤツですねー。お互い若かったなー(遠い目)
Commented by jimian at 2008-01-24 19:03
たしか、そうだったと思います。
一回目の年越しカウントダウンライブの時だったと思います。

月日の経つのも早いものです。
まだ頭は真っ黒だったし、
腰も痛くなかったですし、
でも、
あから腕は全然上達してないですけどね(笑
<< 地味庵宣伝 クロちゃん >>