今年も来ました

d0124199_1850117.jpg

今年も新酒がやって来ました。
d0124199_18491134.jpg

お隣、真庭市は勝山、
辻本店 御前酒。

”炭屋 弥兵衛 純米造り 新酒しぼりたて生酒”

今年は先代の杜氏が亡くなられて、
新杜氏の最初の蔵出し。

どんな出来かと楽しみにしていました。
昨年に比べ、酸度が少し上がり、
日本酒度が下がった感じかな?

最初の印象は、
ちょっと濃い感じでしっかりした旨さと言った所。
淡麗辛口と言うより濃醇辛口でしょうか。
生酒ですので、アルコール度数も少し高めですが、
それを考慮しても例年に増して濃厚といった感じはします。
雄町米の独特の甘さ(私は苦く感じる)があまり感じられないのは、
新杜氏の技なのかな?

d0124199_1995198.jpg

今年の”日本酒を楽しむ会”も勿論この酒は用意しております。
(少量ですので早い者勝ちですが)
他は本醸造では 久保田・千寿
純米吟醸では 炭屋弥兵衛 純米吟醸
          賀茂鶴 一滴入魂
          日出盛 桃の滴
          日置桜 特醸純米酒
          玉の光・酒魂(濃醇辛口)
純米酒では  環日本海 純米大辛口(日本酒度+15!)
          日本人(淡~麗辛口)
          信長(濃醇辛口)
          あさ開・夢灯り(淡麗甘口)
     などを予定しております。
     どれもこれまた旨い酒ばかりです。      






  
[PR]
by jimian | 2008-01-29 19:44 | | Comments(12)
Commented by jt at 2008-01-29 21:20 x
ふつうの成人男子の180年分のアルコールを飲み干した、と自他共に
認める私ですが、ご存知のように、日本酒は不得手なジャンルです。
嫌いなのではなく、おいしい日本酒に出会う機会が少なかったからと思い
ます。
屁理屈ですが。
この歳を背負いましたので、これからはおいしいお酒を味わう飲み方を身
につけたいものです。

>妹君はまだ学生なのかな?
>津山はあまり知らないのですかな?

なんと20台後半。独身です。
ばあちゃんは、ひ孫の顔をみたいのかもしれません。
Commented by ウッディ安藤 at 2008-01-29 21:58 x
う~ん、旨そう!
日本酒は戦中・戦後、
物資不足による醸造用アルコールを混ぜるという
苦肉の策が講じられ、
現在に至っているようですが、
最近は本来の純米酒も増えたようですね。
米の酒なのに、「純米酒」と銘打たなければならない、
何となく情けない話ですね。
最近日本酒を頂くようになり、
美味しい日本酒に出会うと、
何だかほっとします。
私の場合、酔ってしまえば、
何でも一緒になってしまいますが・・・
Commented by jimian at 2008-01-29 22:51
jtさん、
180年分とはあっぱれな!
私も相当呑んだつもりですが、
ふんどし担ぎですな。

何だかんだ言っても日本人は日本酒ですな。

>なんと20台後半。独身です。

それはそれは、
ますます、目を合わすのが躊躇われる、
そんな年頃なのです。

Commented by jimian at 2008-01-29 22:56
ヲッディ安藤さん、

>私の場合、酔ってしまえば、
何でも一緒になってしまいますが・・・

私もまったく同じですよ。

最近は益々酒量が減ってきました。
でも良き友、
美しい女性とは、
ついつい止め処となく呑んでしまう、
悲しい性が我ながら、情けないですね。
Commented by Kenzo at 2008-01-29 23:23 x
最近日本酒の味がわかってきたつもりでいる、と勝手に思い込んでいるのですが、あれだけ手を伸ばせなかった日本酒。

どういうわけか飲める、そればかりか美味しくいただけるようになった。
そのあたりはよくわかりませんが。

ここ何年か新潟の本醸造酒(雪中梅、八海山・・・なるもの)をいただいて飲んだのがきっかけかとも。

今日ひょんなことから、日本原の消防出張所にお邪魔して話し込んでいると、マスターの話になった。そこには某工業高校時代からの゛つれ″が居り、その頃の話を存分に聞かせてくれたのでした。

マスター高校時代から相当いける口だったようですね。

その友人とは、闘球部主将のひろっさんです。私の先輩でかわいがってもらいました。と言っても彼が3年で私が1年で雲の上の存在でもありました。

同じことの繰り返しですが、世間は狭いです。

・・・ということはマスターも先輩になるわけですね。

お後がよろしいようで。
Commented by jimian at 2008-01-29 23:46
>その友人とは、闘球部主将のひろっさんです

おおー!
間違いなく彼でしょうね。
かわいがって とは かわいがってもらったんですか?
優しい男だったですからね。
ラグビーフットボールには何とも言えない青春の思い出があります。

本当に世間は狭いですね。

いつか又、
ゆっくりと一杯ご一緒出来たらいいですね。
Commented by jt at 2008-01-30 22:45 x
今夜は、中共の毒餃子問題で、さかんに「JT」が垂れ流されております
が、いうまでもなく、私とはまったく関係ありません。
昨年から、「China Free」が叫ばれておりましたが、気をつけなければ
心配です。
ほんまに、オリンピックは無事にできるのでしょうか。

さて、今NHKでやってる「その時歴史が動いた」では、地味庵も私も知っ
ている東大の山●博●君が出演していました。
来週も登場予定とか。
VIPですねぇ。
Commented by jimian at 2008-01-31 03:45
今、
最後のお客様が今帰られました。

私はJT氏のうんちくが、
地味庵に欲してるだけです。今!
Commented by jt at 2008-01-31 23:41 x
なるほど。
しかし、私の講演なんぞ、聴きに来る人は、まず、いないでしょうなぁ。
2月になれば、一度帰省します。
その時に相談させてください。
とにかく、「JT」の株は、下がりっぱなしですから。。。。。。。。。。
Commented by jimian at 2008-02-01 00:17
JT あきませんなー!
中国に頼らなければならない我が国も情けないですが、
何とも分けの分からない国ですね。

>私の講演なんぞ、聴きに来る人は、まず、いないでしょうなぁ。
そんな事はありませんよ。
考古学ファンはたくさんいると思いますよ!
Commented by Kenzo at 2008-02-02 09:41 x
マスターへ

”日本酒を楽しむ会”色々調整してみましたが、残念ながら参加できません。バンド練習とバッティングしていました。

申し訳ありません。

ウッディ安藤さんが多分行かれると思いますので、彼にしっかり飲んでもらって下さい。

では。


Commented by jimian at 2008-02-02 17:20
Kenzo さん、
御忙しいようですね。

バンドの練習もうちで、
とは流石にいきませんね(笑


<< 山田尚公氏 叩き彫り展 地味庵宣伝・来月 >>