少し秋、そのⅡ

朝晩がやっと涼しくなって、
猫様達もめっきり元気になりました。

お姉ちゃんは17歳になりますが、
階段の上がり降りが大好きです。
d0124199_23531483.jpg

                                         (1280x960)
『◯◯ちゃん、はよおいで!』
と呼びかけると、いそいそと付いてきます。
3階から2階、2階から1階、そして『もう帰るよ!』
と言えば、1,2,3とまた逆に一緒に上がっていくのです。
犬の散歩と同じですが、悲しいかな猫なもんで、
建物の中だけです。
夏の間は散歩はお休みでした。


d0124199_23543535.jpg
                                         (1280x960)
網戸越しに涼しい風が・・・・・・
何か良い匂いがするのかな?
10歳の下の娘です。
[PR]
# by jimian | 2007-10-04 00:01 | ねこ | Comments(4)

少し秋

前回UPした40数年前の写真の現在を撮ってみました。
曇りの夕方ですので、少し暗いです。
小学校の北(写真では上)です。
西側の丘から狙ってみました。
d0124199_22381220.jpg

正面の山、一番右のピークが、那岐山(1240.3)です。
田んぼばかりの景色が一変しています。
人口に変化はあまりないんですがねー。。。。。


d0124199_22453222.jpg
反対側の東の丘にも行ってみました。
弥生時代の住居跡復元公園です。
子供の頃、
このあたりに行くのは、もう冒険の一言でした。
弥生時代てのが、なんとも恐れ多い感じでした。
残念な事に、もう一棟の復元高床式倉庫は、
最近、中学生の放火で消失してしまい、
もう復元はされないとの事。
この竪穴式住居も何回燃えたでしょうか。







d0124199_22595615.jpg
[PR]
# by jimian | 2007-10-02 23:04 | 日記 | Comments(8)

温故

1965年の我が母校です。
新設 津山市立東小学校
d0124199_1024.jpg

                                      (929x1280)

回りは田んぼばかりでした。
今では、
市内でも地価の最も高い地域です。

古い写真をながめると、
色々と勉強になります。

この頃から、
急速に環境破壊が始まりました。
[PR]
# by jimian | 2007-09-30 01:06 | 日記 | Comments(9)

おんなじ

日々の行動範囲が、
どんどん狭くなってる気がします。

車もガレージから出すのもおっくう、
買い物も極近所ですます。

一番の要因は、
携帯とパソコンの様です。

分かっちゃいるけど~~~・戻れない~~~~~!(我師匠・植木 等 風に!)

d0124199_1445014.jpg

我が家の勝手口からのショットです。
どこを狙っても、
電線・電話線ばかりが写ってしまいます。





d0124199_158666.jpg
彼女達みたいに、
素直にエゴを通して行きたいものですぅね。
[PR]
# by jimian | 2007-09-29 02:01 | 日記 | Comments(2)

散策その2

昨日撮った在庫です。
d0124199_23315683.jpg

昔と変わらぬ景色といえば、
これは間違いないですね。

小学生の頃、天文少年でした。
天体望遠鏡が欲しくて、欲しくて堪りませんでした。
紙製の組み立てキットの様な物を買ってもらいました。
ケプラー式の100倍率位の、チープな物でした。

まず、月を見ました。
うおーーーーーーーーーー!

眩しく光る月面が、
目の前に飛び込んで来ました。
でも、すぐに飽きてしまい、
次は土星か、火星かアンドロメダか・・・・・

見える訳はありません。
それ以上の機器を手に入れる術も無く、
一人、月刊・天文を読み漁るだけの日々があるだけでした。

天文学者に成りたかったのに。。。。。

今はしがない食堂のオヤジです。


d0124199_23482827.jpg
昨日と同じ、宮川です。
架かるのは、三枚橋。
江戸期からここには橋が架かっていました。

二股に分かれた左側の水脈から、
鮮やかな色とりどりの廃液が流れていました。
昭和30年代後半の事です。
このすぐ左上に、友人のうめたろう君の家がありました。
まだ当時、メダカが泳いでる様な綺麗な川に、
何とも言えない刺激臭が、彼の家の回りには漂っていたのです。

東京オリンピックで、
日本は変わってしまいました。
大袈裟ではなく、数万年、数十万年続いた自然の摂理が崩壊した瞬間でした。
私達の年代はその目撃証人としての責務が有ると思います。
東京と田舎の差は有れど、
東京オリンピックがターニングポイントであるのは、
間違い無いと思っています。

もう、どう足掻いても元には戻れません。
[PR]
# by jimian | 2007-09-28 00:18 | 日記 | Comments(7)