悶々

極々普通のサラリーマン家庭に育った私。
兄姉3人に行き渡る小使いは雀の涙。
小学校の時からアルバイトもやってましたが、
これまた雀の子の涙。
でも、

レコードが欲しかったんです。

中学まではたまには親が買ってはくれましたが、
高校になると、
『そんな 訳の分からん物 ヤカマシイばっかりじゃがな!』
と まるで頭ごなし。
しかたなく、アルバイトに精を出すのです。

そんな折
困ったアルバムと出会ったのです。
d0124199_19224725.jpg

                                 -当時ジャケットは白黒でした-
1970年発表の
George Harrison ”All Things Must Pass” です。
豪華箱入りLP3枚組
な なんと¥5,000えん

まだジミ教祖様に出会う前、
クラプトン坊主だった私は、
ビートルズもあまり詳しくはなく、
ましてジョージなど数曲しか知りませんでした。

しかし、   しかし
何故か 物欲大魔王にすっかり支配されてしまうのです。

ナケナシの貯金をはたいてしまうのでした。

ワクワク ドキドキ
1枚目・・・・・・・
 2枚目・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・んー・・・・・・・・・・・・・
   こんなもんかいな・・・・・・・・・
そして
  3枚目で
    ドッヒャー~~~~~~~~!
3枚とも色の違う紙製の中袋
その鶯色の中身が、
幼くとも生意気な小僧の度肝を抜いたのでした。

いきなり10分以上のジャムセッションに始まり、
表裏5曲に ひたすらぶっ飛ばされるのでした。

当時、すでにエレキとやらを弾いていた私には、
どないしたら こんな音が出るんじゃ と
試行錯誤を繰り返すも、 
5Wのエーストーンの真空管アンプと、
グレコのレスポールの様な物では 直ぐにギブアップ。

そのころは、エレキなんぞ弾く輩は不良と言われた時代。
近所にそれにピッタリの人物が引っ越して来たんです。
私より2歳上なのに 何故か学年は1つ上。
直ぐに接触にかかり、
『どうしたら こんな音になるんかなー?』と 質問。
  『そりゃー おまえ ツインリバーブにエコーチェンバーじゃがな!』
・・・・・・・・・・・ん・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・ん・・・・・・・・
そんなもん 車が買える代物じゃがな・・・・・・・
圧倒的に機材がない。

それに よく考えると
一緒にバンドをやるメンバーがいないではないか。

ないない尽くめの 悶々の日々を、
地味庵少年は過ごすのであった。

そしてしばらくして・・・・・・・
[PR]
# by jimian | 2007-12-02 18:30 | 音楽 | Comments(6)

休日

さして何もない平穏な日々。
久々に猫達と休日の昼間。

何時もは何処か暗い静かな所を探して ぐっすり寝ている彼女達も、
私達の側で一緒に過ごしてくれました。
妻殿が洗濯物を干したり、
掃除機をかけたり、アイロンがけをしてる間も、
後をノコノコ付いて回ります。
d0124199_186365.jpg

掃除しても掃除しても どんどん汚してくれるんですが、
仕方がないですね。
d0124199_1894212.jpg



寒くなると窓を閉め切ってしまうので、
妹のアグリは、この場所が唯一の外界との接触場所です。
この居心地の悪い所で、結構な時間を過ごします。
本当は外に飛び出して、
鳥や虫や 小さな動物と遊びたいんでしょうね。
d0124199_18155296.jpg
因みに 上のお姉ちゃん 藤夜叉姫(通称 ナコ)は、
ここに飛び上がる事は もう出来ません。

でも彼女は、扉を開ける技を知ってしまった
17年猫だから、
その方が好都合です。
ちょっとした段差でもつまずく、『おまえ 本当に猫なの?』って位、
どんくさいお姉ちゃんですから、
おばあちゃんになった今でもハラハラ ドキドキなのです。

そして
釣瓶落としの夜が更けて、
お刺身の分け前と、カリカリを頂いた姫達と、
二人のほろ酔いは、
炬燵に潜り込んで、
うたた寝大魔王と化すのでした。
[PR]
# by jimian | 2007-11-28 18:35 | ねこ | Comments(4)

ブクブク

久々に平和な猫話。

秋はいったい何処にいったの?
と、いきなり冬モード。
流石に最低気温が10度を下回ると、
ねこ達も何処かに潜り込んだまま出て来ません。
冬毛が出始めた彼女は、
もう フカフカのブクブクです 
まーんまるの顔も、見た目半分以上は毛です。

もう眠くて眠くて。。。。。。。
d0124199_17271056.jpg

たまに昼間出てきても、
寝てばかり。。。。。。。。
d0124199_17292596.jpg

明日は休日なので、
ゆっくり昼間 遊んでもらおう。
[PR]
# by jimian | 2007-11-24 17:37 | ねこ | Comments(4)

リトル”ウシャコダ”ボーイズ

ライブ 盛況に終わりました。

まずは、
オープニング
地元のバンド、リトルジャイブボーイズを師と仰ぐ、
RYUJI &HOT CLUB!!!!!
d0124199_17291044.jpg

彼らのファンの若者もたくさんお見えでした。

そして、今回は2人組、
リトル”ウシャコダ”ボーイズとして登場!
おなじみの軽妙なトークとハーモニー、
前回よりもサックスのフューチャーが多い選曲。
師匠の牧 伸二のあれは、おさわりだけ。
d0124199_17384430.jpg

今回は 恵福 浩司氏のWベースは力技三番勝負を持ってきました。
まずは、高血圧にもかかわらず、
命を懸けた 口ベース(ただボーカルでベースのフレーズを出す。しかし、息をあまり吸わない。何故か右手の上下が音程)
第二弾、高速回転弾き!(ベースを水平方向にクルクル回しながら弾く)
そして世界に唯一人の、
ベース持ち上げ弾きの超大技へ!
d0124199_17473892.jpg

今回は持ち上げて、片足でのスクワット弾きウルトラZ技まで出たのでした。

そして、
アンコールは 御馴染み、
サックス ハラスメントで”津軽海峡冬景色”ジミヘンバージョン!
で 大団円!


ハードな旅日程の中、
齢50と思えないパワフルな演奏を見せて頂きました。
前日の広島も朝迄 呑んでいたに違いない彼ら、
どこからこの元気がくるのやら。

同世代として、我々も
またまた元気をもらったのでした。

そして未明までドンチャン打ち上げをして、
寝床にはつかず、
炬燵に入って三次会、
皆が好きな、コンバットのビデオを見て
いつの間にか、
気絶してしまうのでした。

翌日、
当店のランチを、しーずかに食して頂き、
再開を誓って、
次の地、大阪へと見送ったのでした。



ご来場の皆様、
有難うございました。
[PR]
# by jimian | 2007-11-21 18:08 | イベント | Comments(6)

地味庵ライブ

いよいよ明日になりました。

”ウクレレ抱いた渡り鳥&ベースを持ち上げる大仏様”

藤井康一(ボーカル、ウクレレ、Tサックス)
恵福浩司(ボーカル、Wベース)

超おすすめユニットです。
オープニングには、
地元のごきげんジャイブバンド、
RYUJI &HOT CLUB
が出演です。
d0124199_1871876.jpg

ご来場お待ち申し上げます。
[PR]
# by jimian | 2007-11-17 18:12 | イベント | Comments(2)