人気ブログランキング |

散策その2

昨日撮った在庫です。
d0124199_23315683.jpg

昔と変わらぬ景色といえば、
これは間違いないですね。

小学生の頃、天文少年でした。
天体望遠鏡が欲しくて、欲しくて堪りませんでした。
紙製の組み立てキットの様な物を買ってもらいました。
ケプラー式の100倍率位の、チープな物でした。

まず、月を見ました。
うおーーーーーーーーーー!

眩しく光る月面が、
目の前に飛び込んで来ました。
でも、すぐに飽きてしまい、
次は土星か、火星かアンドロメダか・・・・・

見える訳はありません。
それ以上の機器を手に入れる術も無く、
一人、月刊・天文を読み漁るだけの日々があるだけでした。

天文学者に成りたかったのに。。。。。

今はしがない食堂のオヤジです。


d0124199_23482827.jpg
昨日と同じ、宮川です。
架かるのは、三枚橋。
江戸期からここには橋が架かっていました。

二股に分かれた左側の水脈から、
鮮やかな色とりどりの廃液が流れていました。
昭和30年代後半の事です。
このすぐ左上に、友人のうめたろう君の家がありました。
まだ当時、メダカが泳いでる様な綺麗な川に、
何とも言えない刺激臭が、彼の家の回りには漂っていたのです。

東京オリンピックで、
日本は変わってしまいました。
大袈裟ではなく、数万年、数十万年続いた自然の摂理が崩壊した瞬間でした。
私達の年代はその目撃証人としての責務が有ると思います。
東京と田舎の差は有れど、
東京オリンピックがターニングポイントであるのは、
間違い無いと思っています。

もう、どう足掻いても元には戻れません。
by jimian | 2007-09-28 00:18 | 日記 | Comments(7)
Commented by jt at 2007-09-28 01:13 x
地味庵 さま

月は侮れませんねぇ。
ローマ神話の月の女神は、「ルナ」lona、ギリシア神話では、Seleneです。
おお、「ルナ」っていうと、激しく反応してしまうのはわたしだけではないはず。
そう、わたしがかつて愛した女性の名前です。

それはともかく、ここから派生して、「lunacy」とか「lunatic」がありますが、あえて和訳はいたしません。。。。。。
あまりに、狂おしい。

>東京オリンピックがターニングポイントであるのは、
>間違い無いと思っています。

このご指摘は、実に正鵠を射ています。
このイベントのために、新幹線と東名高速道路が整備されたわけです。
そして、これに倣って公共事業は肥大化し、「利権」が発生するのですね。

まぁ、「古物商」のわたしも、そのベクトルの末端に位置し、「負」のスパイラルのジェットコースターにのって、地獄の窯の蓋を開けたのかもしれません。

いずれにしても、美しい月を見上げて、少年時代の淡い夢を想起するということは、実に、天晴れです。
でも、老けるなよ!!
お互いに。。。。


Commented by jimian at 2007-09-28 02:38
jtさま、
朝早くの閲覧、恐れ入ります。

さて、
ルナ?
はて、・・・・・

私には、あの愛くるしいばかりの彼女しか、
想い起こせませんが。

最近、私にとってちょっとした事件がありまして、
人生とは大袈裟ですが、ターニングポイントと思ってます。
家族や、友や、自分の回りの整理と言うか。。。。。
百歳までの身辺整理といった所でしょうか(爆・・・・・
Commented by jimian at 2007-09-28 02:41
追伸、
整理後、
再出発です!
Commented by tatakibori at 2007-09-28 06:16
和紙を製造する環境で洋紙を作ろうとした時代だったのでしょうしょうか。
詳しく書いたら間違いだらけのようになりますが、・・
和紙は楮やミツマタの皮を叩いて灰汁に漬けて柔らかくしたくらいで
臭いがするといえばトロロアオイのにおいくらいでした。
洋紙は木のチップを苛性ソーダで煮て繊維を取り出すのですから
すごい臭いと有害な廃液が出ます。
近くでは米子に大きな製紙会社がありますから
天気の具合では町中がかすかにそのにおいに包まれている日があります。
昭和の中ごろでは環境に対する意識も
科学的な考え方もまだ未開の時代だったようです。
それだけのんびりしていたのでしょう。
Commented by tatakibori at 2007-09-28 06:23
もと建設省の人に聞いた話ですが
高速道路は山裾を走っているのが多いですから
ちょうどお墓がよくある場所の上を通っています。
工事の時には生々しいやつから、古物商的に価値あるものまで
踏み潰して作られたそうです。
Commented by jt at 2007-09-29 00:57 x
地味庵さま

>最近、私にとってちょっとした事件がありまして、
>人生とは大袈裟ですが、ターニングポイントと思ってます。

まぁ、半世紀以上も命を長らえると、陰陽を問わずいろいろ場数を踏むんでしょうね。

>整理後、
>再出発です!

よくはわかりませんが、次のステージに登場する決意があることもって、良しとさせてください。

さて、ようやく外気も入れ替わってきた気配が濃厚です。
季節の変わり目を愛おしむ余裕は残っているんですが、それにしても、来週からネクタイに縛られる日常が始まります。
それを思うと、気が重い orz ...........
Commented by jimian at 2007-09-29 01:30
jtさん、
充実した過酷な日々を粛々と過ごされているご様子、
元気を戴いております。

ネクタイプリントのTシャツを送ろうかな?
<< おんなじ 近所散策 >>